一般社団法人 ジャパンケネルクラブ認定指定機関/公益社団法人 日本愛玩動物協会/愛玩動物飼養管理士養成指定校

本物の即戦力を育成

  • HOME
  • 本物の即戦力を育成

本物の即戦力を育成

本物の即戦力を育成ここがプロへのスタートライン

最初のきっかけは「犬が好き」だけでもいいんです。専門的な知識が全くなくても大丈夫です。しかし、夢を実現するためには、覚悟を決めて頑張らなければなりません。私達ナンバペット美容学院は、みなさんに現場ですぐに働けるチカラを身につけて欲しいから先生たちの指導にも自然と熱が入り、厳しくみなさんを指導します。その中で自分の夢としっかり向き合い、たくさんの犬とじっくり接しながら着実に実力をつけ、一歩一歩プロに近づいてください。

技術/経験/ヒューマンスキル

学びのここがスゴイ!5つのポイント

実習中心のカリキュラムで本当のチカラが身につきます。

動物が相手なので思うように行かないこともあるでしょう。
しかし、多くの犬たちと接するなかで犬の気持ちまで理解できるようになり、技術も磨かれるはずです。 ナンバペットでは実践を重視したカリキュラムを整え、現場で通用する高い実力を養っていきます。

一人あたりの実習犬、年間180頭

ナンバペットの誇りは、実習する犬たちの数と種類の豊富さです。さまざまな種類と豊富な実習犬で真の実力派のトリマーを育て上げます。
トリミングの技術を伸ばしていくにはできるだけ多くの犬と犬種をカットすることが必要。ナンバペットではモデル犬を豊富に揃え、小型犬から中型犬、大型犬など幅広い犬種のトリミングを数多く行うことができます。1年間でのカット数は一人あたり180頭。授業では、ほぼ毎日のように犬と向き合っている事になります。また、動物看護師・ドッグトレーナーコースでも就職の幅を広げるためにトリミングの技術を習得します。

主な実習犬
プードル/マルチーズ/ポメラニアン/ヨークシャテリア/パピヨン/シーズー/アメリカンーコツカースパニエル/ミニチュア・シュナウザー/ビシヨン・フリーゼ/ウエスト・ハイランドーホワイト・テリア/ワイアー・フォックス・テリア その他

実践重視、総単位数の80%が実習単位

実習こそが大切だと考えるナンバペットでは、総単位数のうち約80%が実習単位です。ほぼ毎日実習が組まれ、練習を繰り返していくなかで、プロとして必要なスキルを磨いていきます。
また、日々『あいさつ』『話し方』などブ口として接客業に欠かせないサービスマナーが自然に使えるように指導します。

プードルのトリミングが2時間で可能に

ナンバペットなら、入学から1 年で、プードルを1人でも2時間以内でトリミングできる力が身につきます。しかし努カ無くして実現できるものではなく、日々の積み重ねが何よりも大切。
その結果として実力がつくからこそ、卒業生が業界で高い評価を得ているのです。

卒業後の万全なサポート

ナンバペットの母体はドッグフードメーカー・ペットグッズの卸業・大型ペット店舗などを展開しているため、全国のペット産業界に幅広いネットワークを持っています。
このネットワークによってペットサロン、動物病院、ペットショップ訓練所などの就職先の紹介や、独立開業のサポートが可能になるのです。

JKC認定校だから安心!3つのポイント

JKC認定の指定機関だから、ペット業界からの評価が高い。

日本で一番大きな犬の団体であるジャパンケネルクラブ(JKC)。
その認定校は日本にわずか22校.認定されるには、指導内容や授業時間数、モデル犬の種類などで、厳しい基準をクリアしなければなりません。
JKCに公認されたナンバペットのカリキュラムは、ペット業界のニーズにマッチし、それが就職率の高さやトリマーの教育機関としての信頼性につながっているのです。

JKC公認ライセンスの取得に有利

ナンバペットは、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の認定指定機関です。
JKC公認ライセンスが取得できます。
国際的にも適用するJKCライセンスの取得は、ナンバペットのような認定指定校が有利。
取得年数が短縮され、また、JKCライセンス認定試験は学院内で実施されるので、普段の実習と同じ場所でいつも通りの実力を発揮しやすい環境で受験できます。 コースに合わせて、C級、B級、A級のライセンスを得られます。

JKCトリマー教師による徹底指導

あなたにトリミング技術を教えるのは、JKC公認トリマーの資格を持つ優秀な教師陣.トップレベルの技術を持つプロフェッショナルが、熱意をもって丁寧に技術指導を行います.また、細かな技術やそれぞれの犬種に合わせた対応の仕方などもわかりやすく説明し、コース終了まで徹底的にサポートします。

JKCの全国大会で技能を試せる

JKC本部にて技術を競い合うトリミング競技会。
学内の選抜大会もあり、自分自身の技術を試す絶好の機会です。過去の会国大会では、本学院生の努力や技術が認められ、優秀養成機関賞を受賞しました。

JKC『JAPAN KENNEL CLUB』とは?

一般社団法人ジャパンケネルクラブ(1949年農林水産省認可)

一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)は、日本政府認可の全犬種クラブとして唯一の公益法人。
国際的にも歴史ある愛犬家の団体であり、世界77ヵ図が加盟する国際畜犬連盟(FCI)のアジア地域代表(FCI理事国)でもあります。
登録頭数は国内最多、世界第2位を誇ります。

国際公認血統証明書の発行

純粋犬種の血統を保護し、健全な繁殖を図るために血統証明書を発行。
世界各国のケネルクラブとの犬籍を相互承認でき、世界に通じる『国際公認血統証明書』となっています。

ドッグショーの開催

多くの方々に純粋犬種の素晴らしさを知っていただくため、全国各地でドッグショーを年間約300回開催。
犬種の理想像(スタンダード)をもとに比較審査する品評会を行います。